簡単ケアで印象アップ!”目元のくすみケア”

Beauty & Health
Well Aging column

目元のくすみケア
このコラムでは、ウェルエイジングをテーマに人生100年時代「上手に年齢を重ねて楽しく過ごしていくための、健康や美容、暮らし方」についてお伝えしていきます。
ウェルエイジングとは、あらがうのではなく自分らしく自然に無理をすることなく、より自分にあったケアをしながら上手に年を重ねていくことです。
詳しくは“こちら”をご覧ください。

今回は「目元のくすみケア」をテーマにお話しさせていただきます。
-目元の印象は大切-
マスク生活になって、お顔の半分が隠れていることで、メイクに関しては手抜きができて楽ちんという方も多いと思います。
その分、表情を読み取るために、自然に目元に視線が集まるので、最近では目元のメイクに手が抜けないという方が増えています。

ネットやSNSでも、マスク映えするアイメイクの企画が今人気ですね。
マスクしていると年齢も分かりずらいので、目元の印象はとても重要です。
-睡眠不足は大敵-
そんな印象美を左右する重要な目元ですが、目の周りにくすみやクマなどのトラブルがあると、疲れた印象になって老け顔に見られてしまいます。
特に秋になると、夏の日焼けによる影響、そしてスマホによる目の疲れや睡眠不足などによって、血行不良で代謝が悪くなると、くすみやクマの原因になります。

若い年齢層の方でも、男女を問わず目のクマのお悩みをお聴きすることがありますが、原因の多くは遅くまでスマホを見ていることや睡眠不足なのです。

クマやくすみを感じさせない明るくすっきりとした目元に仕上げるためには、メイクでカバーする前に、まず、内側から目の周りの血流を良くすることが大事です。
-おススメは指圧-
まず目の下の骨の部分を、目頭から目尻に向かって数か所軽く中指の腹で数回指圧します。
次に眉の下の骨の部分も同じように、目頭から目尻に向かって数か所を指圧し最後にこめかみをプッシュします。

指圧は簡単に血流を良くすることができるので、お風呂で温まっているときや寝る前などにすると、翌朝のメイクの仕上がりに違いが感じられるようになります。

コスメケアでは、血行を促進させる成分配合の美容液や目元専用のクリームを使用することもおすすめです。
そして睡眠をしっかりとることは何より大事です。
-メイクでカバー-
メイクでは、アイシャドウの前にくすみやクマをカバーするためにコンシーラーを使われる方が多いと思いますが、今は種類もたくさんあります。
ただ、アイシャドウを重ねた時に厚化粧な仕上がりになると、老けた印象になってしまうので自然な仕上がりにすることが大事です。

そのためには、こってりとしたクリームタイプより、リキッドタイプのサラッとしたもので色味は明るめのベージュがおススメです。
スマホが欠かせない毎日の生活にとって、目元のケアはくすみやクマの改善だけではなく、目の健康のためにも効果的なのです。
音声でのご聴取はこちら

関連する記事

  • 早めの保湿ケアが大切”目元のケア”早めの保湿ケアが大切”目元のケア”