お風呂上りのケアがポイント!”冬のボディケア”


Well Aging column

冬のボディケア
このコラムでは、ウェルエイジングをテーマに人生100年時代「上手に年齢を重ねて楽しく過ごしていくための、健康や美容、暮らし方」についてお伝えしていきます。
ウェルエイジングとは、あらがうのではなく自分らしく自然に無理をすることなく、より自分にあったケアをしながら上手に年を重ねていくことです。
詳しくは“こちら”をご覧ください。

今回は「冬のボディケア」をテーマにお話しさせていただきます。

-冬は暖房による乾燥も-
冬の時期になると気になるのが「肌の乾燥」です。
気温も湿度もぐんと下がり、空気が乾燥する上に暖房による乾燥も加わります。

冬になると、膝から下が粉をふいたようになるという方、いらっしゃいませんか?
冬の訪れを知らせるかのように、寒くなってくると一番にカサカサしてきますよね。
乾燥が進むと、痒くなったり湿疹ができたり、冬は1年のうちで最も乾燥によるボディの肌トラブルが多くなる季節です。

顔と身体の肌は、部分によって厚みは違っても同じ皮膚組織でできています。
ただ、腕や脚はもともと皮脂が少なく、露出していることも多いので身体の中でも乾燥しやすいパーツになります。

-潤いを保つ皮脂膜-
お肌は通常、表面の角質細胞同士を天然の保湿成分で繋ぎ合わされ、隙間のないバリアの壁が作られていることで、体内の水分を外に逃がさないようにし、外からの異物の侵入を防いで刺激から肌を守っています。

さらにその上に汗や皮脂が混じり合ってできた皮脂膜によって、しっとりうるおいが保たれます。
しかし、乾燥した空気や暖房によって、水分や皮脂が外からも内からも奪われると、皮脂膜も崩れ、角質細胞同士を繋ぐ天然の保湿成分も減ってしまうことで、細胞間に隙間ができ、ホコリや細菌などの侵入や、外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。

乾燥が進めば、刺激を受け続けることになるので、ちょっとした刺激でも痒くなってしまうというわけです。

-お風呂上りのケアがポイント-
手の乾燥や荒れには、ハンドクリームが欠かせませんが、洋服を着ていても乾燥する冬のボディにも保湿ケアは必要です。

ボディの保湿ケアのポイントは、お風呂上がりの濡れている状態の肌にボディ用のクリームやオイルを塗ることです。
お風呂場では、蒸気や水分で身体が潤っているので、オイルやクリームの浸透率が上がって、潤いに蓋をする状態を作ってくれます。

塗り方は「下から上」「外側から内側」を意識して、手の平でマッサージするように優しく塗ります。
全身になじませた後は、タオルで軽く押さえるようにして残った水分を拭き取ります。
油分がしっかり入ったものでも、ベタつかずサラッとした仕上がりになります。

冬は肌を見せることが減る季節なので、どうしてもボディケアに手を抜きがちですが、乾燥したお肌は、静電気を発生させやすくなり、その静電気も肌の刺激になるので、腕や脚など、乾燥が気になるパーツを中心に、しっかり保湿をすることをおすすめします。
音声でもお聴きいただけます
stand.fmはこちら

Spotifyはこちら



関連する記事

  • 冬のボディケアを楽しみながら効果UP!冬のボディケアを楽しみながら効果UP!
  • 洗顔の順番もポイント!”お顔の乾燥ジワ”洗顔の順番もポイント!”お顔の乾燥ジワ”
  • スキンケアで対策を!”糖化予防に効果的なコスメの成分”スキンケアで対策を!”糖化予防に効果的なコスメの成分”
  • 体調管理もポイント!”唇のケア”体調管理もポイント!”唇のケア”
  • 一工夫で効果的に! “ハンドケア”一工夫で効果的に! “ハンドケア”
  • シワやくすみの原因にも?!”老化を加速させる糖化”シワやくすみの原因にも?!”老化を加速させる糖化”