冷え性対策に頼もしい食材!”ショウガのパワー”

Well Aging column
身体を温めるショウガのパワー
このコラムでは、ウェルエイジングをテーマに人生100年時代「上手に年齢を重ねて楽しく過ごしていくための、健康や美容、暮らし方」についてお伝えしていきます。
ウェルエイジングとは、あらがうのではなく自分らしく自然に無理をすることなく、より自分にあったケアをしながら上手に年を重ねていくことです。
詳しくは“こちら”をご覧ください。

今回は「ショウガのパワー」をテーマにお話しさせていただきます。

-冷えは万病のもと-
雨が降るごとに寒くなってきましたね。
寒くなると、体温の低下と共に免疫力が低下しやすくなるので、身体を温かくすることが体調のキープに繋がります。

最近では一年中、身体の「冷え」でお悩みという方が、男女を問わずに増えています。
その原因は、運動不足や生活習慣だったり、人によって様々ですが、「冷えは万病のもと」と言われるほど体の不調に繋げてしまうので、血流を良くして体温を上げ、免疫を強くすることが大切です。

今回は、身体を温める食材として、特に優秀な「ショウガ」について、お話しします。

-ジンゲロールとショウガオール-
ショウガは、漢方では、れっきとした生薬であり、健康に役立つ様々な成分が含まれています。
特に有名なのが、辛味や香り成分である《ジンゲロール》と《ショウガオール》です。

【ジンゲロール】
生のショウガに多く含まれ、血流を良くし免疫力を高めます。
冷たくなりがちな手足の先などの抹消血管まで温めてくれます。
その他にも、皮の部分に多く含まれるポリフェノールと共にジンゲロールは抗酸化作用や殺菌作用もあります。

【ショウガオール】
ジンゲロールが加熱や乾燥によって変身した成分です。
ショウガオールに変身すると、ジンゲロールの時よりも温める効果がパワーアップし、身体の深部から熱を作り出すことによって、代謝も上がり、冷え性の予防や改善効果が高まります。

さらに、抗酸化作用や殺菌作用の効果もジンゲロールよりもパワーアップするので、ダイエットや美肌効果も期待できます。

-ショウガの摂取量目安-
成分をしっかり取り入れるためには、加熱していただくのがいいのですが、忙しい方や料理が苦手で面倒だという方には、ショウガを乾燥させて粉末にした『ショウガパウダー』を活用するのがおすすめです。
料理や飲み物に簡単に取り入れることができるので、とても便利です。
少量をはちみつと混ぜて紅茶やミルクに入れたりしても美味しいですよ♪

一日の敵量の目安は、スライスしたものなら6~7枚ほどで、重さにすると約5g程度です。
すりおろしたものや細かく刻んだものだと、小さじ1杯ほどがいいですよ。
美容と健康に嬉しいショウガですが、やはり摂り過ぎは良くないので適量を守りましょう!

ショウガの温め効果は、3時間ほど持続すると言われているので、一日の目安量を何回かに分けて摂り入れることをおすすめします。

-ショウガと相性の良い食材-
ショウガ以外の食材では、寒い地域で採れる根菜類やネギ、ニラ、にんにくなどの香りや辛味の強い野菜、タンパク質では、赤身の肉や魚が身体を温めるので、ショウガと組み合わせて調理するとより効果的です。

寒くなるこれからの季節は、身体の深部から温めるショウガのパワーを味方につけて、体温を下げないように温かく過ごしましょう。
音声でもお聴きいただけます
stand.fmはこちら

Spotifyはこちら


関連する記事

  • 体温を上げる食生活で免疫力アップ!体温を上げる食生活で免疫力アップ!
  • 美味しく効率よく摂取!”ポリフェノールの上手な摂り方”美味しく効率よく摂取!”ポリフェノールの上手な摂り方”
  • 活性酸素の働きを抑える”ポリフェノールの力”活性酸素の働きを抑える”ポリフェノールの力”
  • 食材選びがポイント! “食欲の秋におすすめのダイエット”食材選びがポイント! “食欲の秋におすすめのダイエット”